憧れの小顔になろう|ボトックス注射を受けるのが最適

水着の人

憧れの顔に近づく

看護師

覚えておくこととは

一般として、エラが張って顔が実際よりも大きく感じられるのは、筋肉の問題や骨格の問題、脂肪の問題など、数多くの要因がもととなっています。エラボトックスと呼ばれる小顔注射に関しては、筋肉に働きかける治療になります。エラ張りを抑えることや小顔に仕上げることを目的で使う場合、ボトックスにより咬筋の動作を麻痺させたり抑制させたりすることで、フェイスラインや輪郭をスリムに作り上げることが可能です。効果に関しては、大体3週間から1ヶ月で徐々に効果がみられ、違和感なくスリムになります。エラボトックスの施術の過程ですが、エラが気になるポイントの咬筋に、ボトックス注射を打つという流れになっています。カウンセリングをきちんとした後、患者のベストな箇所に注射を打っていき、一回にかかる治療時間は10分ほどで終わります。エラ削りと比較すると、注射で行うだけで皮膚を切り開くことはないので、傷跡が残ることはありません。また、骨削りなどのその他の小顔整形と比較しても、ダウンタイムは短時間しかかかりません。ボトックス注入に関しては、ほんの数分程度で終わり、そのあと問題なく通常の生活を送ることが可能です。それから、アレルギー反応が出るリスクもないに等しいとされています。基本としては、エラの筋肉が関係して顔が大きく見えてしまう際につかえる注射です。メスを使用せずにエラに入れていくだけで、フェイスラインが次第にシャープに仕上がるでしょう。治療を受けた後ですが、若干違和感が残るとされていて、食事の際はきちんとものを噛んで飲み込むのは困難となります。それと、術後一週間近くは歯ごたえのあるものは、口にしないよう気をつけてください。また、効果はどれくらい続くのかというと、半年から一年ほどでボトックス効果がなくなり、最初の状態に戻ります。ですので、効果を長く継続させるポイントとしては、ある一定の期間を設けてボトックスを再び入れていくよう心がけましょう。もし、小顔になりたいという方がいましたら、気軽にエラボトックスを受けてみるのもよいでしょう。